親知らずを優しく抜きます!

 

vol.77

 

こないだ親知らずの抜歯をした患者さんの

歯の根っこが肥大してて一部

骨と癒着していたため抜くのに

30分位かかってしまいました。

 

根っこの肥大とは歯根肥大といって

こんな感じです  ↓

歯根肥大

普通の歯の根は先端になる程、細くなります。

これが骨の中に埋まってるので肥大した部分が

引っかかってなかなか抜けないのです。

 

親知らずの抜歯を困難にするのに

歯根肥大ともう一つ、骨との癒着があります。

 

まず、歯は靱帯という柔らかい組織で

骨と結合してますから無理に力を入れなくても

歯の周りの靭帯を切断してやれば通常は

容易に抜けるはずなんです。

 

普通にまっすぐ生えている歯は

上下の歯によって咬み合うことによって

常に上下左右に歯は微妙に動くので

靭帯が固まってしまうことは少ないです

 

身体の筋肉を想像してもらうと理解しやすく

骨折してギプスで固定し動けなくしてしまうと

1ヶ月足らずで動きが悪くなります。

 

骨に埋まったり横向きの親知らずは何年間も

咬まずに動かされていない状態ですから

靭帯は固くなり一部、骨と癒着した状態となる

ことで抜歯しにくくなります。

 

要するに歯と骨が癒着してしまうと

本来は生理的な動揺のある歯が

骨と引っ付いて動かなくなるのです。

 

比較的、年齢の若いうちに抜くと抜歯しやすい理由も

癒着が少なく歯が動きやすいからだと言えます。

 

親知らずの抜歯を始めた頃は

この癒着のせいで歯が全く動かず

ずっと力任せにグリグリやり

どうしても動かない場合は

親知らずの周りの骨をドリルでゴリゴリ削っていました。

ドリル   ↓

image

ゴリゴリ削るのは従来の抜歯方法です。

 

今でもこの方法で抜歯されている歯医者さんが

ほとんではないでしょうか?

 

この方法だと患者さんの頭の骨にまで

ゴリゴリと削る音が響きかなり不快で恐怖心を

与えてしまいます。

 

さらに機械的な刺激を与えて骨を削ると

腫れるし治癒が遅れるんです。

 

患者さんからしたら抜ければ良いわけですし

親知らずを抜けば腫れて痛いのは誰に聞いても

当たり前という風潮があるので、どこで抜いても

変わらないと思うでしょうが

抜き比べる事ができるなら違いは歴然です。

 

そこで何とか患者さんに不快感を与えずに

スマートに抜歯できるように当院が使用しているのが

超音波です ↓

image

 

これがいい仕事するんです。

 

image

↑ の画像のように軽く触れるだけで

歯と骨の癒着を容易に引きはがしてくれます。

 

しかも柔らかい組織(歯ぐきなど)には

当たっても傷つけないので安全です。

 

インターネットの検索でブログを見て

広島市全域から毎日のように

抜歯の患者さんが来院されます。

 

抜歯操作は慣れもありますが

このように器具の違いも大きいのです。

 

生体に優しい抜歯操作を心掛けていますので

お問い合わせください。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

関連記事

  1. 親知らずは抜く必要あるの?

  2. 上の親知らずも横に向いてる場合があります!

  3. 親知らずのチェックは大切ですよ!

  4. その親知らずは上の歯?下の歯?

  5. 骨に埋まった親知らず!

  6. 抜けない親知らずはありません!

保険外治療の分割払いに

オリコデンタルローン
アプラスデンタルローン

特設サイト

親知らず専門サイト
河村歯科クリニックYoutube動画

河村歯科クリニック無料アプリ

アプリ
iPhoneアプリ
Androidoアプリ

当院インスタグラム

Facebook

PAGE TOP