総入れ歯ならではの欠点!

総入れ歯の欠点 vol.97

 

前回の記事  vol.96 の続きです。

 

インプラントと総入れ歯の併用ですが

きちんと総入れ歯を作製すれば

外れない入れ歯ができるので

インプラントは必要ないのでは?

と思われるかもしれません。

 

その通りです!

 

 

患者さんによっては何でも咬めるし違和感もない!

という患者さんもいますが

総入れ歯を使用するには少しコツが必要です。

 

そのコツが自然と身に付く人は問題ないのですが

慣れない人にとっては苦悩の日々だと思います。

 

総入れ歯である以上どうにもならない事として

総入れ歯の欠点 とは

  1. 前歯で咬むと入れ歯が外れる 
  2. 入れ歯が上顎のほとんどを覆う

 

まずは総入れ歯を見てみましょう ↓

総入れ歯の欠点

 

総入れ歯は上顎の全体を大きく覆います。

入れ歯が大きくなることで様々な問題が生じるのです。

 

黒の点線部分を見てください ↓

総入れ歯の欠点

 

この黒の点線の内側部分があるのとないのでは

装着感が大きく異なります。

 

しかし総入れ歯の場合はこの部分がないと

吸着という入れ歯が外れにくくする力

なくなってしまい、しゃべる度に入れ歯が

外れるという状態になります。

 

この部分がない状態の入れ歯だと

かなり快適になり以下のメリットがあります。

 

  • しゃべりやすい
  • 食べ物の味がわかる
  • 温度がわかる
  • 異物感が少ない

 

この部分がない総入れ歯は吸着がなくなるので

作製することができませんが

インプラントを数本併用すれば

↓ のような快適な総入れ歯を作製できるのです。

総入れ歯の欠点

 

インプラントを併用した総入れ歯の場合は

 

  1. 総入れ歯をかなり小さくできる
  2. 前歯で咬んでもはずれない
  3. 味覚や温度の変化を感じられる
  4. 固い物を咬んでも痛くない

 

上記のようなメリットがたくさんあり装着された

患者さんの喜びは計り知れないものがあります。

 

 

食べる喜びを取り戻すことができるので

ぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

関連記事

  1. もっと良い治療法があれば知りたくないですか?

  2. 前歯ってこんなに削れるの? その2

  3. 歯を抜いてどうするの?

  4. 前歯ってこんなに削れるの? その4

  5. インプラントは若さを取り戻す?

  6. 肝心なのは奥歯ですよ!

保険外治療の分割払いに

オリコデンタルローン
アプラスデンタルローン

特設サイト

親知らず専門サイト
河村歯科クリニックYoutube動画

当院インスタグラム

Facebook

PAGE TOP