0080

前歯ってこんなに削れるの? その2

 

 

 

 

vol.16

 

 

前回の記事の続きです。   前回の記事 →   前歯ってこんなに削れるの? ireba   ※鏡を使って撮影しているので画像に写っている歯は両方とも下の前歯です。

 

奥歯に入れ歯を使用しているのにも関わらず

前歯でしか咬めないことが原因で削れていった症例です。

 

本日は前回と反対側の左奥歯の部分にインプラント埋入しました。

1244_6055130

オペはいつも通り30分で痛みなし!で問題なかったです。

 

このまま2か月くらい安静に保ちインプラントと入れ歯を併用して

奥歯でしっかり咬めるようにしていきます。

 

前回の右奥のインプラント埋入した部分の歯茎は

切って開いてインプラント埋入して糸で縫っています。

そのため3日位は腫れるので入れ歯が傷口に当たると

痛いので治療した右側の入れ歯の裏側は全く当たらないように

削ってスカスカにして入れ歯を使ってもらいました。

 

入れ歯の調子はどうですか?と患者さんに尋ねると

全く問題なく咬めたそうです。

 

インプラント治療した、その日から入れ歯を使用して

問題なく咬めることは非常に良いことですが

歯茎と入れ歯の隙間がスカスカでも違和感なく咬める!

というのはおかしいですよね!

 

実は入れ歯を入れている人の多くは

きちんと適合してなくても入れ歯で咬んでいると思ってるんです。

 

歯医者さんによってはお前の調整が下手なんだろ!

と言われるかもしれません。

入れ歯の調整には自信があって多くの患者さんは痛みもなく

喜んでくれますが咬めてないんです。

 

患者さんも少し半信半疑なので、はやく咬めるようにして

喜ばしたいと思います。

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

投稿者:

kawamurasika

kawamurasika

広島駅から徒歩4分 インプラント、審美歯科、ホワイトニング、親知らずの抜歯を得意とする歯医者!