腫れが大きいと抜けない理由!

 

vol.79

 

他院で無理だと言われた

横を向いた親知らずでも30分程度で抜けます!

とブログでもよくお伝えしているせいか

毎日、お問い合わせがあります。

 

予約に30分の空きがあれば

突然の来院でも問題ないのですが

その日には抜けない場合があります。

 

親知らずの周りが腫れて痛い!

 

このような場合は腫れの原因である

膿をだして薬で痛みと腫れを落ち着かせてから

後日の抜歯となります。

 

 

なぜ、このような状態の時は抜かないのでしょう?

 

 

麻酔が効きにくい

術後に痛む割合が大きくなる

 

この二つが大きな理由です。

 

 

患者さんによっては遠回しに抜歯を

断られているのではないかと

勘違いされる方がおられるので

簡単に説明します。

 

健康な歯茎の組織のPHは中性付近ですが

歯茎が腫れて膿んでいる状態の組織のPHは

酸性に傾いています。

 

膿(うみ)がしょっぱいのもうなずけます。

 

実は麻酔薬は

組織が中性付近(腫れていない健康な状態)

で一番、麻酔効果を発揮するようにできており

酸性に傾くと効果が激減してしまうことがわかっています。

 

親知らずだけでなく

歯周病で歯ぐきが腫れている場合も

同じ理由で麻酔が効きにくくなります。

 

歯科治療において

麻酔はかなり高い頻度で使用するので

歯医者さんに来院するタイミングは

痛みが少ない時がベスト!

だと理解してもらいたいです。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

早くも1年経ちました!

 

vol.78

 

おかげさまで本日、7月22日で

診療所を移転して1年経ちました。

 

1年経過して感じるのは

初診の患者さんが圧倒的に増えたことで

これが素直に一番嬉しいです。

 

以前は3階だったので1階に移ったことで単純に

人々の目に触れる機会が増えたことが集患に

繋がったのかな?と思います。

 

どういう形であれ、河村歯科クリニックに

来院して頂けるのは非常にありがたいことなんです。

 

なぜなら、歯医者などの医療機関は

例えば、ごはん屋、美容院などの他業種と違い

一度、行ってみて評価する

あるいは2、3ヶ所、行ってみて比較する

などといった類いのものではないんです。

 

ある意味、一度かかりつけ医になってしまえば

よほどのことがない限り患者さんは病院を

変えることがないのが現状です。

 

実はこのような慣習で歯医者さんは守られてます!

 

一般的な市場の原理としては競争により

切磋琢磨され洗練されていきますが

上記の慣習により本質の部分の競争がないので

歯医者さんの技術の質は上がりません!

 

質が上がるのは診療所の外装、内装と

立派なホームページと広告です。

 

だからこそセカンドオピニンを

お勧めしています。

 

そういう理由で

どういう形であれ来院して頂いて

違いを感じ取ってもらいたいのです。

 

診療所としては広島駅前で

開院70年が過ぎました。

 

50年以上通われている患者さんが

たくさんおられます。

 

このような患者さんを目の当たりにすることで

自分の行った治療により

患者さんの生涯に渡る生活を左右してしまう!

いつも痛感させられます。

 

 

根本から患者さんのお口の環境を変えていく!

そんな治療を提供していきたいと思います。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

親知らずを優しく抜きます!

 

vol.77

 

こないだ親知らずの抜歯をした患者さんの

歯の根っこが肥大してて一部

骨と癒着していたため抜くのに

30分位かかってしまいました。

 

根っこの肥大とは歯根肥大といって

こんな感じです  ↓

歯根肥大

普通の歯の根は先端になる程、細くなります。

これが骨の中に埋まってるので肥大した部分が

引っかかってなかなか抜けないのです。

 

親知らずの抜歯を困難にするのに

歯根肥大ともう一つ、骨との癒着があります。

 

まず、歯は靱帯という柔らかい組織で

骨と結合してますから無理に力を入れなくても

歯の周りの靭帯を切断してやれば通常は

容易に抜けるはずなんです。

 

普通にまっすぐ生えている歯は

上下の歯によって咬み合うことによって

常に上下左右に歯は微妙に動くので

靭帯が固まってしまうことは少ないです

 

身体の筋肉を想像してもらうと理解しやすく

骨折してギプスで固定し動けなくしてしまうと

1ヶ月足らずで動きが悪くなります。

 

骨に埋まったり横向きの親知らずは何年間も

咬まずに動かされていない状態ですから

靭帯は固くなり一部、骨と癒着した状態となる

ことで抜歯しにくくなります。

 

要するに歯と骨が癒着してしまうと

本来は生理的な動揺のある歯が

骨と引っ付いて動かなくなるのです。

 

比較的、年齢の若いうちに抜くと抜歯しやすい理由も

癒着が少なく歯が動きやすいからだと言えます。

 

親知らずの抜歯を始めた頃は

この癒着のせいで歯が全く動かず

ずっと力任せにグリグリやり

どうしても動かない場合は

親知らずの周りの骨をドリルでゴリゴリ削っていました。

ドリル   ↓

image

ゴリゴリ削るのは従来の抜歯方法です。

 

今でもこの方法で抜歯されている歯医者さんが

ほとんではないでしょうか?

 

この方法だと患者さんの頭の骨にまで

ゴリゴリと削る音が響きかなり不快で恐怖心を

与えてしまいます。

 

さらに機械的な刺激を与えて骨を削ると

腫れるし治癒が遅れるんです。

 

患者さんからしたら抜ければ良いわけですし

親知らずを抜けば腫れて痛いのは誰に聞いても

当たり前という風潮があるので、どこで抜いても

変わらないと思うでしょうが

抜き比べる事ができるなら違いは歴然です。

 

そこで何とか患者さんに不快感を与えずに

スマートに抜歯できるように当院が使用しているのが

超音波です ↓

image

 

これがいい仕事するんです。

 

image

↑ の画像のように軽く触れるだけで

歯と骨の癒着を容易に引きはがしてくれます。

 

しかも柔らかい組織(歯ぐきなど)には

当たっても傷つけないので安全です。

 

インターネットの検索でブログを見て

広島市全域から毎日のように

抜歯の患者さんが来院されます。

 

抜歯操作は慣れもありますが

このように器具の違いも大きいのです。

 

生体に優しい抜歯操作を心掛けていますので

お問い合わせください。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

歯医者さんに通っても悪くなる?

 

vol.76

 

 

転勤により、かかりつけ歯医者さんを

探して当院に来院される初診の患者さんが

この時期に非常に多いです。

 

当院は広島駅前にあり、周りがオフィス街なので

4月の転勤後、少し落ち着いたこの頃に

歯医者さんを探すからでしょうか?

 

昨日、来院された患者さんは

転勤前の歯医者さんで

2ヶ月に一度歯の掃除をしていたので

こちらでもお願いします!という主訴でした。

 

非常に歯へのモチベーションが高く

自分自身の歯のよく出血する部分など

を意識して歯磨きされているそうです。

 

歯医者さんで習った歯みがきの仕方を

意識して家で実践することが治療することよりも

非常に大事だと考えています。

 

よく勘違いされるのですが

定期的に歯医者さんに行けば

あなたの歯を守ってくれると思ってませんか?

 

全く行かないよりは良いですが

例え、1ヶ月に1回来院したとしても

残りの29日の歯みがきができてないと

あなたの歯を守ることはできません。

 

歯医者さんで綺麗に歯石を除去してもらっても

家に帰って今まで通りの歯みがきでは

何も変わらず、いつまでたっても歯医者さんの

お世話にならないといけません。

 

考え方を変えましょう!

 

きちんとした歯みがきの方法を習得し

自分の歯は自分で守るものなんだと!

 

自己流の歯みがきでは

磨いた気になってるだけで

多くの人は磨けていません。

 

きちんと歯みがきができているか?

それを定期的にチェックするために

歯医者さんに通うのが正解だと思います。

 

実際に歯みがきが上手になり

いつ来院しても、お口の中が清潔に

コントロールされている患者さんがおられます。

 

こういう患者さんは1年に1回程度の検診で

全く問題ないと思います。

 

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

歯の先端が削れてませんか?

 

vol.75

 

最近の初診の患者さんの主訴で多いのは

歯がしみる!というもの

 

しかもどこかわからず歯医者さんに行くと

症状が現れない。

 

そもそも歯がしみる!というのは

歯の中の神経が感じとるもので

特徴としては

どこかわかりづらい! 

 

それゆえ、よほどひどくならないと

どこかわからない!は正解なのです。

 

専門的には歯の神経の症状は

痛みの定位が悪い

といいます。

 

本人が感じ取る

位置が定まらない!ということだと思います。

 

歯がしみる原因の一つに

歯ぎしりがあります。

 

歯ぎしりは本人の認識がない場合が多く

歯医者さんで指摘されて

初めて気づくことがほとんどではないでしょうか

 

歯ぎしりをしている患者さんの歯は

必ず削れている痕跡があります ↓

hagisiri

赤い矢印のように不自然に削れています。

 

ここまで不自然に歯が削れていても

患者さんは気づかないんです。

 

明らかに虫歯はないのに

歯がしみたり

朝起きて顎がだるいなどの症状が

ある場合は歯医者さんで診てもらいましょう。

 

この歯ぎしりにより歯が削れ過ぎて

神経を取らなくてはならなくなるケースもあるので

たかが歯ぎしりは禁物です。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

何もしないという診断!

 

vol.74

 

患者さんはお口の中に何か違和感が

あって歯医者さんに行くことが多いと思います。

 

まずは、歯医者さんでレントゲン取られますよね  ↓

image

 

このレントゲンを撮れば原因がわかり

治療して痛みや違和感から解放されると

思ってませんか?

 

もちろん明らかに原因がわかり

治療して治ることもたくさんありますが

ごく初期の虫歯による違和感は

非常に分かりづらく診断に困ることがあります。

 

レントゲン以外に

歯を叩いてみたり

エアーを吹きつけたり

電気を流してみたり

麻酔してみたり

 

ここら辺りまでやって分からない場合は

何もせずに様子を見ます。

 

これを待機的診断といい

立派な診断なのです。

 

ただし、痛みが軽度で

違和感がある程度の場合です。

 

お口の中の痛みは虫歯、歯周病

以外にも神経痛や顎からの痛みなどがあり

一時的なものも多いです。

 

歯の治療というものは

削ったり神経を取れば

二度と元には戻せませんから

より慎重な診断が必要になるので

何もせずに経過を見守るという治療法があるのです。

 

 

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

歯の神経は必要?

 

vol.73

 

患者さんから歯が痛いのは我慢できないから

神経を取ってくれ!

と言われることがよくあります。

 

歯の神経の重要性に医療従事者と患者さんの間には

大きな意識の差があるように思います。

 

もし、仮に僕の歯が大きな虫歯で

治る見込みが少しでもあるなら痛みは我慢してでも

歯の神経は残すと思います。

 

そういう考え方から

できるだけ神経は取らないように

心掛けて治療に専念していますが

患者さんにはなかなか伝わりません!

 

まずは簡単に神経を残す、残さない!の

メリット、デメリットを説明します。

 

神経を残す

メリット

歯に知覚がある「熱い冷たいがわかる」

歯に栄養が行き渡るので割れにくい

変色しない

 

デメリット

治療後に歯がしみる、少し痛む

治療したのに痛むので不信感

 

神経をとる

メリット

痛みから解放される「患者さん側」

痛みがなくなるので喜ばれる「歯医者さん側」

 

デメリット

虫歯になっても痛みがないので気付かない

歯が割れやすい

変色する

再治療の可能性が高い

 

 

このメリット、デメリットを見ると

歯医者さんと患者さん双方に

都合の良いのは神経をとって早急に痛みを

とる方がいいように解釈する人も

おられるかもしれません。

 

僕が神経をできるだけ残したい理由は

神経を取ってしまうと

圧倒的に歯が割れやすい! からです。

 

当院での歯の割れる割合は

神経のない歯   9割

神経のある歯   1割

となっていて、さらに10年、20年と

年数が経つにつれて神経を取った歯が

圧倒的に割れる割合は増加します。

 

お口の中で見える部分が割れた場合は

被せ物で修復可能ですが歯の根っこの方に

向かって割れた場合は抜歯となります。

 

歯周病のように歯がグラグラしているわけではなく

しっかりしている歯がいきなり割れます!

 

患者さんからしたら割れた歯が

何年も前に神経をとったことが原因だと

は思いもしないでしょう。

 

神経を残す治療が患者さんに伝わりにくいのは

治療後にある期間、しみるような痛みがでる

ことがあるからです。

 

患者さんによっては他院では

神経を取ってくれて

すぐ痛みを消してくれたのに!

とお叱りを受けることがありますが

神経を残すことの重要性を

しっかり理解してほしいです。

 

ただし虫歯があまりにも大きく

虫歯を除去すると神経が出るような場合は

神経を取らなければなりませんから

早め早めの検診を心掛けてください。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

上の親知らずも横に向いてる場合があります!

 

 

vol.72

 

親知らずで問題となるのは

多くの場合は下の顎の親知らずです。

 

神経に近い、歯が横を向いている

という理由でここでは抜けない!

と言われ当院を調べて来院されます。

 

先週も抜歯依頼が多いなか上の歯の横を向いた

親知らずで他院で抜けないと言われた症例が

2件続きました。

 

月曜日に抜いた了承を得た方のレントゲン ↓

3405_6675000

 

赤い丸の部分が親知らずで横を向いていて

前の歯の引っ込んだ所にひっかかってます。

 

患者さんは咬むと親知らずの前の歯が痛いそうです。

一部、頭が歯ぐきから出ており少し腫れているのが

原因で抜くのがベストだとお話しました。

 

他院では、この親知らずを抜くと

前の歯の支えがなくなってグラグラする!

鼻の横の空洞に穴が開く可能性がある!

などの理由で抜かない方が良いと言われたそうで

抜くことにかなりためらっておりました。

 

歯と骨の構造を理解し

レントゲンをしっかり読み取れれば

上記のような可能性はないことがわかります。

 

結果的に患者さんには

少し時間がかかるかもしれません!

とお伝えし抜歯しました。

 

直接は見えないのでミラーで見ながら

10分程度で抜けました。

何のトラブルもなく

患者さんが安心して頂けたのが嬉しかったです。

 

もう1件の上の親知らずの症例は

患者さんの了承を得ていないので画像はありませんが

真横を向いて、さらに骨に埋まっている症例で

したが、これも特に問題なく抜けました。

 

これらの患者さんも勇気を出して他の歯医者さんの

意見を聞くことで不安を取り除くことができました。

やはりセカンドオピニオンは大事です。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。