0080

体にチタンって安全なの?

Vol.134

 

インプラント治療の相談で来院される患者さんから

よく質問されることで最近多いのは

インプラント治療で使われる金属は

体にとって安全なのか?というもの

 

体の中にチタンという金属を埋め込むので

金属アレルギーになるのではないか?

サビないのか?

気になりますよね!

33BDCCE6-4DDC-4791-8AC9-C8E95E4A0123

インプラント治療は本来の歯の代わりに

チタンという金属を上記の画像のように

骨に埋め込み根っこの代わりとします。

 

チタンという金属は体に優しい金属として

歯科のみならず、さまざまな形で体に埋め込まれています。

 

インプラント

人工関節

プレート、スクリュー  など

 

 

簡単に説明すると

一般的に金属はイオンという形で金属から溶け出し

体に触れている部分又は体を巡って全身に影響を及ぼします。

ピアスや指輪、ネックレス、時計、銀歯、入れ歯など。

 

一方、チタンも金属ですが

金属じゃないという変わった性質を持っています。

チタンはその表面に強固な膜を形成することで

金属の成分が溶け出さないのです。

よって酸化しない=サビない=アレルギーがない

という生体にとって優しい金属なのです。

 

チタン製のピアスや指輪は金属アレルギーの方でも

安心して使えるので人気が出てきていますね。

 

実際、2014年の厚生労働省に申告された

人工関節置換術 (骨の代わりにチタンの関節を埋め込む手術)

の症例数は全国で12万人の人がチタンを体に埋め込んでいます。

 

このことからも

チタンが体に特に問題を起こさないということが

伺えると思います。

 

ちなみに、銀歯、入れ歯、ブリッジなどに使われる

保険で認められている金属は体に何らかの影響を与える

可能性のあるものが使われています。

 

これらのことから考えても

インプラント治療は非常に優れていることが言えます。

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

投稿者:

kawamurasika

kawamurasika

広島駅から徒歩4分 インプラント、審美歯科、ホワイトニング、親知らずの抜歯を得意とする歯医者!