70年続く老舗だからこそ分かる事!

広島で70年以上続く河村歯科クリニック vol.55

 

 

昨日は50年通っている患者さんが2年ぶりに来院されました。

広島駅前で70年近く開院しているので

特に珍しくはないのですが医院を継いで4年目になると

老舗だからこそ分かってきたことがあります。

広島で70年以上続く河村歯科クリニック |70年の治療情報の蓄積

それはズバリ! 50年、60年の治療の結果

患者さんのお口の状態がどう変化していくか!

を目の当たりにできることです。

 

これは40代の僕には貴重すぎる経験であり

今治療している患者さんの40年、50年後を

見据えた治療というものを強く意識させます。

 

若手、中堅の歯医者さんが集まって話す話題といえば

目新しい医療機器のことばかりです。

ホワイトニング、セラミック、その他難しい名前の器械…

 

僕はこの手の話題にあまり興味ありません。

患者さん目線ではなく

歯医者さん目線でしかないように感じるからです。

 

治療について追い求めていかないといけないのは

 

歯を悪くさせないための予防!

これは患者さんも一部の歯医者さんも勘違いしてますが

歯医者さんに通うことではありません。

自らの歯みがきを上達させるために

歯医者さんで歯みがきを習う!

歯みがきができてるかチェックしてもらう!

だと考えています。

 

不幸にも歯を失った場合に入れ歯やブリッジにしない!

確実に入れ歯やブリッジは他の歯に悪影響を及ぼし

歯を失うリスクを著しく高めます。

 

学生の頃、歯医者さんになるために

  • 虫歯→  削って詰め物、被せ物
  • 歯を失う→入れ歯又はブリッジ

こういう教育を歯医者になる全員が受けます。

 

時代とともに歯の治療も飛躍的に進歩したと

みなさん思われるでしょうが

  • 虫歯→削って詰め物、被せ物
  • 歯を失う→入れ歯又はブリッジ

実は、この流れは根本的に何も変わっていません。

 

変わっていると明確に言えるのは

予防を啓発することにより

歯を大切にしようという国民意識が

以前よりは少し向上したことと

インプラント治療が飛躍的に良くなったことです。

 

結局のところ、治療が必要となる歯に対して

今までと変わらない治療を施していると変わらない!

ということなんです。

 

この「変わらない!」というのは

長生きしても美味しくご飯が食べれない!

ということです。

 

これ以上歯を失くさないための

根本的な治療法を追及しています。

 

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

広島で70年以上続く河村歯科クリニック

関連記事

  1. モンスターペイシェント!

  2. 自己流の歯みがきは危険です!

  3. 当院の強み 矯正①

  4. 入れ歯は不便です。

  5. 歯を抜く?抜かない? どっちが正解?

  6. 親知らずを抜くタイミング!

保険外治療の分割払いに

オリコデンタルローン
アプラスデンタルローン

特設サイト

親知らず専門サイト
河村歯科クリニックYoutube動画

当院インスタグラム

Facebook

PAGE TOP