歯を抜いてどうするの?

 

vol.40

 

 

昨日は矯正歯科からの抜歯依頼から始まり

インプラントのオペ と外科の日でした。

 

今回の患者さんは2ヶ月前に左下の奥歯を抜歯し

歯を抜いた穴が治ってからインプラント治療を行いました。

 

いつも通り痛みなく短時間で終わりました。

あっという間に終わるんですねー!

と患者さんは喜んでいました。

 

歯を抜いてから何年も経過した場合

抜いた部分は骨で満たされているので

インプラントを埋入するのは特に問題ないのですが

現在、調子の悪い歯がある場合は

その歯を抜歯してからのインプラント治療となりますので

主に以下の2つの治療方法で行います。

 

 

抜歯即時埋入 抜歯と同時に歯を抜いた穴に埋入する方法

 

抜く歯の大きさ、長さ、歯の炎症状態など考慮しないと

いけない項目がたくさんあり症例が選ばれますが

オペが一回で終わるのと治療期間が短いというメリットがあります。

 

 

抜歯早期埋入    抜歯をして歯茎が治るのを待ってから埋入する方法

 

一部、骨が足りない場合や抜いた歯の部分の

炎症が強い場合に選択する方法です。

治療期間は1ヶ月くらい伸びますが、より確実な治療法です。

 

 

患者さんと、それぞれの治療法のメリット、デメリット

を相談して決めていきます。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

関連記事

  1. 骨がないから無理?と言われた症例!

  2. 歯を失う最大の原因は?

  3. 肝心なのは奥歯ですよ!

  4. ○○の平均年齢は70~80歳です!

  5. ブリッジからインプラントへの提案!

  6. 歯を失ったらどうしますか?

保険外治療の分割払いに

オリコデンタルローン
アプラスデンタルローン

特設サイト

親知らず専門サイト
河村歯科クリニックYoutube動画

河村歯科クリニック無料アプリ

アプリ
iPhoneアプリ
Androidoアプリ

当院インスタグラム

Facebook

PAGE TOP