0080

お口の中を見たらインプラントはわかる?

 

 

vol.12

 

 

昨年10月にインプラント治療を終えられた患者さんが メンテナンスで来院しました。

赤い丸で囲っている部分がインプラントです。

6450_5506000

ナゼ?いつもブログでレントゲンを使用するのかというと

このようにレントゲンを撮らないとインプラントが入っているのを伝えられないからです。

 

インプラントをしたことのある患者さんが転勤などで

他の歯医者さんに初めて来院する場合は

必ずインプラント治療をしていることを告げるようにしましょう!

 

お口の中を見ただけでは歯医者さんでも

インプラントをしているのかわからないからです。

 

わからぬまま他の歯と同じように掃除されると

インプラントの寿命が短くなるので注意してください。

 

この患者さんの上のインプラントは骨の厚みが少し足りなかったので

ソケットリフトという治療法で骨を造ってインプラントを埋入しました。

上の全体画像の右上の赤い丸の部分を拡大した画像です。

6450_6001114

黄色の線より上は上顎洞といって空洞で

上の歯を失うとこの空洞がどんどん大きくなってしまいます。

 

黄色の線と青い線で囲った部分が骨を造った部分です。

 

この骨造成は簡単なケースだと思いますが他院では

骨がないから無理だと言われたみたいです。

 

そう信じて入れ歯にしていたら

金具をかけた歯が次々に抜歯になって・・・・(恐)

 

何でも咬めるし治療して良かった!!

と嬉しそうに言う患者さんを見ていると

自分の治療の幅を広げる努力は必要だなと思います。

出逢う歯医者さんによって

患者さんの治療の選択肢が決められてしまうのですから!!

 

これからの時代、歯を抜いた場合の治療法については

安易にブリッジや入れ歯を選択せず

他の歯医者さんの意見を聞くという習慣をつけましょう!

 

自分を守るためセカンドオピニオンは必須だと思います。

セカンドオピニオンが分らない方はスタッフブログ→   こちら

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

投稿者:

kawamurasika

kawamurasika

広島駅から徒歩4分 インプラント、審美歯科、ホワイトニング、親知らずの抜歯を得意とする歯医者!