0080

仮の入れ歯も審美的に!

vol.10

 

前回は被せ物に対する仮歯のお話でしたが

今回は歯のない部分にインプラントを入れた場合に

治療期間の数ヶ月の間どうするのか?についてです。

 

先週、左上の奥歯のインプラント治療が終わった患者さんです。

本日は咬み合わせのチェックと右下のブリッジの部分をインプラントに

するための治療相談です。

2682_590300

緑の円で囲った右下部分にブリッジが入ってます。

こういうブリッジは非常に危険で囲った部分が全て抜歯になる

のが目に見えてます。

当然、患者さんも感じていて痛みがあり咬めないので

インプラントを埋入することとなりました。

23

右下の赤い線でブリッジを切断し

黄色の線がインプラントを2本埋入しつなげるイメージです。

 

ここで冒頭の話に戻りますが切断した部分に何か細工をしないと咬めませんね!

なので事前に模型で細工し入れ歯を作製しておきます。

DSC_0148

よく見る部分入れ歯ですが歯にかける金具がないのがお分かりでしょうか?

ノンクラスプデンチャーといって審美的な要素をもった入れ歯です。

インプラントのオペ後、すぐにこのノンクラスプを使用して食事をとることも可能なんです。

 

インプラントの場合も患者さんによっては

このような審美的な仮の入れ歯を作製しております。
広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

投稿者:

kawamurasika

kawamurasika

広島駅から徒歩4分 インプラント、審美歯科、ホワイトニング、親知らずの抜歯を得意とする歯医者!