総入れ歯ならではの欠点!

 

vol.97

 

前回の記事  vol.96 の続きです。

 

インプラントと総入れ歯の併用ですが

きちんと総入れ歯を作製すれば

外れない入れ歯ができるので

インプラントは必要ないのでは?

と思われるかもしれません。

 

その通りです!

 

 

患者さんによっては何でも咬めるし違和感もない!

という患者さんもいますが

総入れ歯を使用するには少しコツが必要です。

 

そのコツが自然と身に付く人は問題ないのですが

慣れない人にとっては苦悩の日々だと思います。

 

総入れ歯である以上どうにもならない事として

 

1.前歯で咬むと入れ歯が外れる 

2.入れ歯が上顎のほとんどを覆う

 

まずは総入れ歯を見てみましょう ↓

image

 

総入れ歯は上顎の全体を大きく覆います。

入れ歯が大きくなることで様々な問題が生じるのです。

 

黒の点線部分を見てください ↓

image

 

この黒の点線の内側部分があるのとないのでは

装着感が大きく異なります。

 

しかし総入れ歯の場合はこの部分がないと

吸着という入れ歯が外れにくくする力

なくなってしまい、しゃべる度に入れ歯が

外れるという状態になります。

 

この部分がない状態の入れ歯だと

かなり快適になり以下のメリットがあります。

 

しゃべりやすい

食べ物の味がわかる

温度がわかる

異物感が少ない

 

この部分がない総入れ歯は吸着がなくなるので

作製することができませんが

インプラントを数本併用すれば

↓ のような快適な総入れ歯を作製できるのです。

image

 

インプラントを併用した総入れ歯の場合は

 

1.総入れ歯をかなり小さくできる

2.前歯で咬んでもはずれない

3.味覚や温度の変化を感じられる

4.固い物を咬んでも痛くない

 

上記のようなメリットがたくさんあり装着された

患者さんの喜びは計り知れないものがあります。

 

 

食べる喜びを取り戻すことができるので

ぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

インプラントの前に先ずは咬めるように!

 

vol.96

 

先日、インプラントの相談に

こられた80歳代の患者さんなのですが

下の歯は、ほとんど残ってますが

上の歯が、ほぼ全てありません。

 

主訴は上の歯を全てインプラントに

してほしい!というものでした。

 

今、使っている入れ歯では咬めませんか?

とうかがってみると、うまく食べれないようです。

 

今回の相談でも上の入れ歯を装着し忘れて

来院していることから入れ歯に違和感が

あることが想定されます。

 

上の歯が全てない場合は14本の歯が

ない状態ですから、最低でもインプラントが

6〜8本必要となります。

 

金額的にも250万〜300万円になってきますので

先ずは入れ歯を調整させていただき

その後、本当に必要かどうか?を考えて

もらうこととしました。

 

レントゲンと視診から

この患者さんの骨は充分にあります。

 

骨が充分にあるということは

インプラントも問題なくできますが

はずれない、咬める入れ歯がつくれるはずなんです。

 

相談に来られる患者さんの入れ歯を拝見すると

とても咬めるとは言い難いものばかりです。

 

入れ歯でしっかり咬めた上で

入れ歯である以上、どうにもならない欠点が

患者さんから不満として発せられた場合に

インプラントという選択肢が

出てくるのではないでしょうか!

 

入れ歯をしっかり作製、調整するには

実績が必要ですので広島駅前70年の

当院へぜひ相談ください。

 

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

抜歯している時は痛みがないのが普通ですよ!

 

vol.95

 

記事を投稿していない時でも

インプラントや親知らずのオペは

毎日のように行っております。

 

ブログで記事にする時は患者さんの

許可を必ずもらっていますが

紹介するのは、ごく一部です。

 

歯科医療というのは

基本的にシークレットな部分が

あると考えているので

患者さんが特定されないようにしていても

レントゲンや画像をブログにアップするのは

タブーなことだと思うからです。

 

しかし、このブログを見て来院し

治療後に喜ばれる患者さんを

見ているとブログが歯医者さん選びに

貢献できていると感じるので

一部の患者さんには

協力して頂きたいと思います。

 

そして昨日は

親知らずの抜歯が2件と

相談が1件ありました。

 

抜歯した2件は

歯ぐきの中に埋まっている親知らずでした。

 

向きが真横を向いた上の親知らずでした。

今までの歯医者では抜いてもらえなかったそうです ↓

3430_6708000

 

骨の中に埋まった横を向いた親知らず ↓

3669_7115000

 

下の親知らずの患者さんは抜く前に

緊張されていましたが抜歯後は

ぜんぜん痛くなかったです!

と喜んでいました。

 

この抜くときに

痛くなかった!

というのは抜歯当日に大きく

腫れたり痛みがある場合を除けば

普通のことです。

 

麻酔を効かすには巧さが必要です。

 

抜くという作業も大切ですが

痛みを感じさせない!というのも

頻繁に抜歯している当院の強みです。

 

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

総入れ歯とインプラント!

 

vol.94

 

昨日は前回、左側に2本インプラントを

埋入した患者さんの右側に2本

インプラントを埋入しました。

 

赤い丸の部分で計4本のインプラントです ↓

1763_7186000

 

この患者さんは前歯に2本だけ歯の根っこが

残っていますが総入れ歯を使用しています。

 

インプラントを4本、使用することで総入れ歯を小さく外れにくくし

本来の歯に近い感覚で食事が

できるようにすることができます。

 

来年の1月か2月頃には治療が終了予定で

それまでは今まで使用していた総入れ歯を

いつもと同じように使用することが

できますのでストレスはないと

思います。

 

この患者さんは歯の治療が苦手で

決心するまでに時間がかかりましたが

インプラントのオペが終わると

歯の根の治療や虫歯で歯を削るほうが

大変だな!と言われていました。

 

これが

インプラント治療経験者の

本音の声ですからね。

 

インプラント経験者でオペが大変だった!

と言われる患者さんはおそらく

術者が初めてのオペであったり

経験が少なかったのではないでしょうか?

 

虫歯の治療でさえも

まだ数本の経験しかない時は

患者さんに辛い思いをさせますからね。

 

インプラント治療の経験値は

歯科医師の経験値には比例しないので

ベテランの先生だから大丈夫!

は当てはまりません。

 

日常的にインプラント治療している所で

相談するようにしてください。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。