歯医者に行きたくないという方へ!

 

 

 

vol.130

 

5月もたくさんの新患の患者さんが

来院してくれました。

 

少しでも歯に違和感を感じた時点で来院する人

痛みが我慢できなくなって来院する人

 

どちらの段階で来院した方が良いかは

みなさんお分りですよね。

 

ひどくなればなるほど

治療の痛みや回数も増えます。

 

誰でもわかりきってることなのに

なぜ、歯の治療は後回しにするのでしょうか?

 

後回しにされる方の多くは

全体的に歯の状態が悪い

歯茎の状態も悪い

虫歯がたくさんある

 

これらの患者さんは以前に歯医者さんに行って

何回も通わされたとか

治療が痛かったという経験がある方が

多いです。

 

残念ながら、これらの患者さんは

毎月、歯医者さんに通っても歯が良くなる

ことはないでしょう!

 

なぜなら、歯みがきが下手だからです!

 

お口の中の状態が悪い人(虫歯、歯周病) は

例外なく歯みがきが下手で雑です。

 

歯みがきが変われば変わるんです!

ひどい歯周病で来院された患者さんで

歯みがきに気を付けるようになってから

劇的に良くなった患者さんはたくさんいます。

 

勘違いしてほしくないのは歯に気を使う!というのは

歯並びを綺麗にしたりセラミックの真っ白な歯にする

ということではありません。

虫歯や着色、歯周病などをきちんと自分で

コントロールする技術を身につけるということが

一番大事なポイントであって定期的に歯医者さんに通えば

大丈夫という認識は誤りです。

 

 

自分の歯ブラシの習慣をガラッと変えないと

お口の状態は変わらない!

ということを

理解してもらいたいです。

 

ここが改善されてないと、定期検診の度に

治療され嫌になると思います。

 

歯医者さんで歯みがきの仕方を

チェックしてもらうのがベストですが

歯医者には行きたくない!

という方は、きちんとみがけているかどうかの

チェックに歯の染色液を使ってみてください ↓

IMG_0732

ほとんどの薬局で数百円程度で

手に入れることができます。

色んな種類があり、どれでもよいと思います。

 

使い方は簡単!

① 先ずはいつものように歯みがき

② 液を綿球などで歯に塗布

③ 数回うがい

 

そして鏡を見てみましょう

IMG_0733

液の色が残っている部分がみがけていない所です。

特に歯ぐきと歯の境目に液が残っている人は

歯周病がひどくなりやすいので練習が必要ですね。

 

ちなみに歯ブラシが上手な人は

この液は、ほとんどつきません。

ここまでお口のコントロールができれば

歯が悪くなることは滅多になくなるでしょう!

 

一度  染色液でチェックしてみてください。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

親知らずを抜くタイミング!

 

vol.123

 

今月は特にインプラントや親知らずの抜歯が

多かった月でした。

 

ほとんどの方がネットで調べ

初めて来院される患者さんなので

改めてネットの凄さを感じました。

 

年間に100本以上も親知らずを抜いていて

最近、親知らずを抜くタイミングについて

少し考え方が変わってきました。

 

以前は、どちらかと言うと

現段階で問題を引き起こしていない場合は

無理に抜かなくて良いと考えていました。

 

医療サイドは親知らずが

歯周病

虫歯

口臭

を引き起こし結果として患者さんに

不利益を与えることが予想できます。

 

しかし、患者さんサイドからすると

現段階で痛みがないのに抜いて

予想を上回る痛みが出た場合には

何のために抜く必要があったのか? が

患者さんに伝わりにくいからです。

 

 

親知らずを主訴として来院される患者さんの多くは

初めての患者さんばかりですが

半分以上の方が定期的に歯医者さんへ

通っているのにも関わらず

隣の健全な歯まで虫歯が進行しています。

 

親知らずが原因で前の歯までダメになっていることを

告げると非常に落胆します。

 

このことからも他の歯に影響を与える可能性が

あるならば早めに抜いた方が良いのではないかと

最近では考えるようになってきました。

 

特に親知らずが半分、顔を出しているような

状態は遅かれ早かれ抜かなければならないと思います。

 

気になっているけど恐いからどうしよう!

と悩んでる方はぜひお問い合わせください。

 

圧倒的な症例数と経験値がありますし

患者さんも皆さん来院して良かった!

と喜んでくれてます。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

入れ歯人生にストップ!!

 

vol.107

 

昨日インプラント治療された患者さんが

初めて来院された時のレントゲンです  ↓

1315_5741000

全体に歯周病になっており動揺のある歯が多数ありました。

 

特に青い丸の歯は、支える骨が歯周病によって

黄色の線の部分まで吸収されてしまっているので

グラグラで咬めず、かつ隣の奥歯にも影響を与えるので

抜歯となりました。

 

他院の場合

抜いた後の治療は、ほとんどが何の説明もないまま

入れ歯にさせられているケースがほとんどですが

河村歯科クリニックでは

必ずインプラントの説明も行います。

 

この患者さんの場合は

他の歯も歯周病で弱っているので

入れ歯の金具をかけることは

どんどん歯を失うことを意味するからです。

 

説明を受け患者さんも納得しインプラント治療となりましたが

患者さんは歯を抜いた部分に大きな穴があいてるので

インプラント治療できるのか?と疑問をもたれていました。

 

抜歯してできた大きな穴は約6~12か月で

新しい骨で満たされて修復していきます。

 

8か月後のレントゲン ↓

1315_7597000

 

黄色の線の部分は骨ができたのでインプラント治療の開始です。

 

神経までの距離が近いので、短いインプラントを使用  ↓

1315_7990000

 

インプラントは歯の崩壊を止める唯一の治療です。

 

またひとり

入れ歯人生の始まりを止めることができ嬉しく思います。

 

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

歯ぐきの下の歯石は見えません!

 

vol.60

 

歯周病で歯がグラグラの患者さんの

抜歯した歯です。

 

下の6,7番目の歯です ↓

DSC_0333 - コピー

赤い線の上がお口の中の見える部分

赤い線の下が根っこの部分で歯ぐきで隠れて見えない部分

 

赤い矢印が歯石です。

 

定期的に歯ぐきの下の歯石を除去しないと

骨が減り歯がグラグラし歯を失います。

 

よく歯医者さんで定期的に器具で

ガリガリ!とやられるやつです。

 

この歯石は患者さん自身が鏡を使っても

見ることができませんし見えた所で

器具を使わないと硬くて硬くて

取れません!

 

見えない部分なので患者さんは

何のために治療されてるのか

わかりにくいと思いますが

非常に大事な作業なのです。

 

大きな虫歯もなく

鏡を見ながら毎日、歯みがきをしているのに

ある日、歯がグラグラしはじめ

歯医者さんに行くと抜歯になる恐れがあります。

 

残念でなりません!

 

 

口臭の原因となりますし

歯石がつきやすい人は

早めに歯医者さんに行きましょう!

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。

 

歯周病は治りません!

 

vol.37

 

 

先週のインプラントも無事、終了しました。

初めての患者さんは、みなさん緊張しますが痛みはないので

治療が始まると緊張はほぐれるので安心してください。

 

先週、初めて来院された患者さんから

頑張って通えば歯周病は治りますか?

という質問を患者を受けました。

 

ある日突然、歯がグラグラし痛みもほとんどなく

歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気。

 

それが歯周病!!

 

頑張って歯医者さんに通って治したいですよね。

 

でも、実は歯周病は治らないんです!!!

 

歯周病は簡単に説明すると歯の周りの骨が減っていく病気です。

 

歯を支える骨がなくなっていくことで歯がグラグラして

最終的には咬めなくなってしまいます。

 

そして、一旦、減った骨は治療しても戻らないのです。

 

歯周病も初期の初期の段階であれば

再生療法で骨を復活させることができますが

ごく初期の段階は全くといって良いほど

自覚症状がないので、この段階で保険の効かない

高価な再生治療を選択する人はほとんどいません。

 

では治療すればどうなるのでしょうか?

簡単なグラフで説明します。

グラフ

歯周病は18歳から20歳くらいから発症を始めると言われています。

上のグラフのように年齢とともに歯周病は進行していきます。

 

グラフの赤線は何も治療しない人

グラフの青線は定期的な治療をする人

 

治療しなければ歯周病はどんどん悪くなりますが

治療すれば、その勢いを緩め

ほとんど進行しない状態にできるということです。

 

要するに

歯周病は治る!ではなく病状を安定させる!

が正しいのではないかと思っています。

 

 

そういう理由で、治療して歯周病が安定したとしても

放置すればば再び悪くなってしまいますので

定期的な治療が必要となるのです。

 

一旦、減った骨は元に戻らないので

早期発見、早期治療が不可欠なのも、うなづけますね。

 

 

 

広島駅から徒歩4分 河村歯科クリニック  HPはこちら

 〒732-0828
 広島市南区京橋町1-3赤心ビル1F  TEL:082-263-6480

 

※当医院は予約制ですが新患、急患は随時受け付けております。

予約状況によってはお待たせすることがありますので

できればお電話いただければ幸いです。